■プロフィール

鎌田屋商店

Author:鎌田屋商店
青森県弘前市に店を構えて創業九十余年。
つがる漬の鎌田屋商店のスタッフブログへようこそ!

■最近の記事

■カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■Flash Piano

■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
すれ違い…、いいえ思い込み
先日、父から「豆が入っていて、甘くて、四角いぷるぷるした…アレよアレ…、
いっぱいもらったからあげる」と言われました。
・豆が入っている…
・甘い…
・四角いぷるぷる…寒天…???

きっと、フルーツみつ豆だぁ音符やったぁkao04
「食べる、食べる、大好物だよ素材屋405番地・ハート03

そして、父からもらったのがコレsita
画像 239

アレ…絵
みつ豆…ではないねあせ
・豆が…入っている
・食べたら…確かに甘かった
・四角いぷるぷる… 腟 こんにゃく…

父さん、ひとつも間違ってない…。

「どうした?」と言う父の声に
「いや…、とってもおいしいよ…。父さん腟

今度からもう一つ質問をしようと心に決めた。
「お惣菜なの?スイーツなの?」

スポンサーサイト
雑感 | 20:04:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ちょっと優雅に…
今ハマっているのが
大人の気分を味わいに喫茶店へ行くこと。

あの落ち着いた雰囲気の中でゆっくりを静かに時を過ごす…
大人だぁ 自分。
最初に来たのはここ
”みなみ風”さん。ここの気配りがいいよと誘われて行ってみました。
画像 236

実は閉店間際に来てしまったのですが、快く中へ通していただきました。
ありがとうございます。
照明といい、お店の雰囲気といい閉店間際の慌しさがウソのよう…。
画像 234

一緒にきた友人は紅茶を注文したのですが、紅茶を待っている間に出されたのが
このビンの中に入っているクッキー素材屋405番地・ハート03
自家製のクッキーに感激しながら(しかもとってもおいしいおいしい)
楽しくおしゃべりをしていました。
画像 231
※閉店間際にきて楽しくおしゃべりはないでしょ…?
ごもっともですあせ


ちなみに自分はチーズケーキとアイスカフェオレを注文。
ふわっとしたチーズケーキにも大満足腟
画像 232

弘前って思いのほか喫茶店が多いな…と改めて思いましたね。
喫茶店めぐりも楽しそう…だな。
次はどこに行こうかな?

今度は時間に余裕を持って行こう…うん、そうしよう。

雑感 | 19:38:51 | Trackback(0) | Comments(0)
完全制覇?!
猿賀公園革秀寺に続いて蓮の三大名所の最後弘前公園へ
やってきた自分。完全制覇まであと少し。

画像 232
弘前公園 北門にて記念撮影(何の記念?)

北門の濠で発見した。
黄色い花が小さくてかわいい。
大きな葉っぱに隠れてやっと見つけましたkao04
”コオホネ”というそうです。睡蓮科で根っこが骨っぽいみたいです。
…いや、見たことはないですが腟
画像 233

次は下乗橋付近。
ここでも記念に弘前城をパチリスデジカメ
画像 234
芸術家きどっちゃったヨkao02
ここでは古代蓮が見られるよぉと友人に言われて行ってみました。
っしかし、時すでに遅し
画像 235
見ごろは終わっていて、葉っぱだけがいました。真丸い葉っぱが他とは違うね。

画像 239
本丸から蓮池を覗いてみました。
そこにも蓮があるんですヨ。

蓮池に着いたころはすっかり暗くなってしまいましたkao06怖いよぉ。
画像 241
夕方だから花は閉じていました。
でも、よぉく探してみると…
あっびっくり咲いてる。粘り勝ちkao04
画像 240

とりあえず古代蓮は見れませんでしたが、三大名所を制覇したから満足、満足音符

津軽の歴史・文化・風土 | 18:51:48 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の思ひ出② ~花火~
夏がく~れば、思い出すぅ ~音符

楽しい楽しい夏休みも残りわずかになりました。
素敵な思い出はできましたか?
自分は夏休みがないkao06ので、帰宅後に楽しい思い出を無理やり作ってみました。

画像 218
遊びにきていた姪っ子たちと花火をしました。

勢いのいい花火にびびりながら…
画像 228

花火大会で見る大きい花火花火もいいけど、こじんまりとした花火もいいよね腟
画像 226

やっぱり、シメは”線香花火線香花火
画像 225
誰が一番長く線香花火を落とさずにいられるか!!
やったよね?みんな一度はやったよね?

結果は…火をつけて間もなく落ちました腟
今年は末吉だから…?

※夏休みの宿題は終わったかな?
そろそろラストスパートかけておかないと…ね
あせ

雑感 | 18:12:35 | Trackback(0) | Comments(0)
そろそろ…
昨日、今日と帰省ラッシュのピークのようで、
高速道路、飛行機も新幹線も随分と混みあっているようですね。

今週に入ってからお土産にとお店へいらっしゃる方が増えてきました。
お店にいると「実家に帰ってきてね、お土産はつがる漬を決めてる!!」というお客様や
逆に「これから実家に帰るんだ」というお客様もいらっしゃいました。

「これから混雑の中、長時間の移動は大変ですね。」と声をかけると
「まぁ そうだけど、コレ(つがる漬)楽しみにしている人がいるからねほほえみ」と
ニッコリ笑って帰られるお客様もいらっしゃいました。

みなさん、お気をつけてお帰り下さいネ。
もし、お土産が足りなくなったらいつでも送ります!!…つがる漬素材屋405番地・ハート03

雑感 | 15:08:40 | Trackback(0) | Comments(0)
ご当地香水
今年の春に香水をいただきました。
弘前の桜の香水です。
画像 246

自分は香水をつけないのですがせっかくなので
つけてみようと箱を開けたら…
か、か、かわいい
香りもさわやかで、桜並木を歩いているかのような気分になってきました。

香水をくれた友人が”ご当地香水”を展示しているところがあると教えてくれた。
ありがとう 友よ腟

画像 193

個人的に欲しかったなぁ コレsita
画像 197
”竹の香りとかぐや姫伝説”ってなんて素敵なネーミング・キラキラ

香りを楽しむのもいいですが、香水瓶もかわいくて飾ってます。
…つけないの?という質問は勘弁してください。

他にも…
会津若松のタチアオイの香り
画像 198

金沢の梅の香り
画像 200

画像 199

”弘前さくら物語”
こちらも素敵なネーミングでしょ腟
画像 194

いろんな香水を試しにつけてみたので、最後にはなんだかわからなくなってしまいましたあせ
全国各地の自慢の香りを楽しみながら、珍しく女の子らしい一日を
過ごしてみました。

※リンゴ公園にて展示しています。
弘前の桜の香水はお土産屋さんで販売しています。
弘前のお土産話のタネにお一ついかがですか?

雑感 | 18:58:58 | Trackback(0) | Comments(0)
土手ぶら
この季節は弘前駅前から中心街の土手町付近でねぷたや納涼まつりなど
イベントごとがたくさんあるのでおまつりを楽しんできた後に、
土手町をぶらぶら歩くことが多くなりました。
地元では”土手ぶら”といいます。ホントですヨkao02

暗くてよく見えませんが中三デパート近くにある広場から
奥に見える(…見づらいですが)建物が中三デパートです。
画像 165

ちょっと小路に入ったところの喫茶店”ひまわり”にて一休み
画像 170

私はミルクティーとブルベリーチーズケーキを注文。
ふと目にしたミニチュアが気に入ったので一枚
画像 167

とっても雰囲気が落ち着いていて優雅なティータイムを過ごしました。
でも実際、ティータイムと呼べる時間はとうの昔に過ぎていましたがね

津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の風物② ~アイス~
暑い暑い
暑さ、寒さも彼岸まで…とはいいますが、蒸し暑い日が続きますね。

皆さんはどうやって涼しさを手に入れていますか
暑気払いに熱いものを食べる…?! 私、猫舌だからだめだ。
背筋も凍る恐怖体験する…?! 怖い思いをすでにしました。志賀坊森林公園鶴の舞橋で…。
自分はオーソドックスに冷たいもので涼しさを手に入れようと近所のアイス屋さんへレッツゴー!!

弘前の下町っこの夏菓子の定番!!
駒越の手作りアイスキャンディーの店”小山内冷菓店”
画像 160
ここのミルクアイスキャンディーはおいしい
ミルク味と抹茶とフルーツキャンディーとあんもなか。
画像 162

ちょっと足を延ばして悪戸へも行きました。
”相馬アイス店”
あぐどのアイスといえば地元弘前で知らない人はいないというくらい有名ですよ。
クーラーバック持参で大量購入するお客さんもいます。
画像 208
この日はかき氷(あずきミルク)を食べて、ミルクアイスといちごアイスとあずきアイスを購入。

これで弘前の夏菓子を制覇したぁぁと思ってはいけない腟

弘前の夏の名物で外せないのが”チリンリチンアイス蘂?
この屋台アイスは「チリン、チリン」と鐘を鳴らしながら移動するので
チリンチリンアイスと言われています。
そこのお兄さんもアイスを買うんですか?
画像 119
「おばちゃん!!ひとつくださいな
画像 120
これで100円ですよ。安いでしょ?
しゃりしゃりしておいしい。
画像 121

チリンチリンアイスは県内の行楽地や祭り会場、弘前公園付近でも見かけますよ。
見つけたらぜひ食べてくださいね!!

食べ過ぎてお腹こわさないでね…。

| 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(2)
週末の楽しみ②
りんご公園の週末のイベントまで時間を潰していました。
リンゴグッズはかわいいし、日本家屋の素晴らしさや歴史を感じて有意義な休日だぁ。
さて、イベントですが、りんご公園では土・日・祝に三味線生演奏会が催されます。
5月の花まつりで三味線の生演奏を聞いて、7月に金木町の三味線会館でも生演奏を
聞いて、もう三味線のトリコになりました。

そんな私に友人が「りんご公園で三味線の生演奏が聞けるよ!!しかも無料で!!」と
教えてくれたのです。ありがとう友よ腟

旧小山内家住宅 ”じょい(今でいう居間)”で演奏が始まりました。
演奏者は3名でそれぞれの津軽じょんがら節のソロ演奏。
同じ曲でも演奏者によって印象がだいぶ違うなと思いました。
力強さ、テクニックの素晴らしさがすごく伝わってきました。
また、拍手のタイミングなども教えていただきました。
実は今までどのタイミングで拍手をしていいものか分らずにいたんですね…
生演奏というよりライブという表現がぴったりなくらい盛り上がりました腟
気分的にはスタンディングオベーションしたいくらいでしたヨ!!

この夏の思い出にぜひ三味線ライブに足をお運び下さい!!

腟なぜ今回一枚も写真がないかというと…
三味線に聞きほれていたからですorz

津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
週末の楽しみ①
春にリンゴの花まつりを見に行ったリンゴ公園へやってきました。
ここでは土・日・祝日に楽しいイベントがあるんです!!

そのイベントまで時間があるのでちょっと散策。
リンゴグッズがずらりと展示されています。
画像 174
画像 175

ミニチュアだぁ確かこの近くに藩政時代末期の農家住宅が展示してあったはず!!
画像 181

ちなみにこっちは実物の大きさ
画像 203
この旧小山内家住宅は、今から約百四十年前に市内高杉字五反田に建てられたもので、
解体保存されていたものをりんご公園内に移築、復元しました。
戦前まで津軽地方にあった農家住宅の形態を最もよく表していて、非常に貴重なものです。
近年、かやぶきの農家住宅が解体されていく中で保存する意義が大きいことから、
平成十三年に市の文化財の指定を受けています。

中は自由に見学することができます。
ここは座敷ですね。
当主の居間として使用され、一般の客人はここで迎える。
結婚式などの家の行事の際にも使用されたそうです。
画像 191

座敷から見た風景
画像 190
お庭から見た座敷
画像 204

住宅内には、当市のりんご栽培の先駆者を紹介するパネルや古い農機具などを展示しています。
画像 184

画像 186

画像 185

当時は建物を建てる際、仕様などが細かく決められていて
今のように自由なお家を建てることは出来なかったそうです。
また、二階建ても禁止されていたのですが、この旧小山内家住宅は
なんと!!お二階があるんです。
画像 192
家族の寝室に使われていたようです。
こっそり作ったようですね…。お日様の光が差し込んでとっても明るいお部屋でした。

さてそろそろお時間になったのでイベントへGO!!

津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
田んぼあーと
みなさんは”田んぼアート”って知ってますか?
南津軽郡田舎館村で「米」にこだわったイベントとして、行われたのが始まりです。
平成五年に始まり年々図柄が難易度を増してきています。

こちらが今年の田んぼアート
【恵比寿様と大黒様】
景気回復と明るい未来への願いが込められています。
今回はつがるロマン、紫稲、黄稲、紅都、色素の薄い稲を使って五色で作成。
画像 214

これ、田んぼですよ。
画像 218

画像 219

私は平成18年に見た田んぼアートに魅せられて毎年必ず行くことにしました。
ちなみに昨年 成19年は 葛飾北斎の”富嶽三十六景:神奈川沖浪裏・凱風快晴”
その前 平成18年は俵屋宗達の”風神雷神図屏風”でした。
…その時はまだデジカメ持っていなかったので、自分の心のアルバムにそっと保存しました腟

人間という生き物は好奇心が旺盛で、上から見た田んぼアートに感動したかと思えば、
近くで見るとどう見えるのか気になって仕方がない
田んぼの近くへ行ってみました。
画像 225
近くで見ると何だか分らないです。

田んぼアートは9月の稲刈り時期まで毎日見ることが出来ます。
芸術の秋を先取りして鑑賞してみてはいかがですか?

この建物(田舎館村役場)目印ですsita
画像 226
最上階が展望場です腟

「おーい!!田んぼアートはどうだい?」
画像 227



津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の思ひ出 ①~バーベキュー~
夏と言えば…海でスイカ割りjumee、山でキャンプ、川で釣りなど
楽しい思い出がたくさんできますね。
みなさんはこの夏素敵な思い出できました?

わが社では昨日バーベキュー鐚?滋鐚をしました。
画像 217

画像 216

よく冷えたビールもありますよ~ぉ。
画像 218

お腹いっぱい飲んでビール、食べて食事、笑って腟とってもおいしい思い出ができました。
画像 215

社長ご馳走様でしたkao04
スタミナついたし、今日も1日頑張るぞーっ力こぶ

| 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
弘前ねぷた ②
今年は初日から大雨にみまわれていましたが、
たくさんの人が弘前ねぷたを見にきていました。
自分は8/2に一度見に行ってきましたが、
この日も雨でねぷたというより傘のオンパレードという感じでしたkao06

8/4は晴れていましたので「これはチャンス!!」と思い、
仕事をさっさと終わらせて再度撮影にGO。
画像 219
やっぱり弘前ねぷたは雄大だぁ。
他にも弘前自慢のねぷた絵を見てください!!
”大浦為信”と見えるってことは…このねぷた絵は為信さん?※津軽藩の初代 藩主です。
画像 226
こちらは周りの花火の美しさに見とれて一枚撮りました。
画像 227
城東地区のねぷたは今年も気合が入ってますねぇ。
画像 238
個人的にこういう絵柄が好きなので…。
画像 244
自衛隊のねぷたですね。諸行無常という言葉にちょっとしんみり腟
画像 232

弘前ねぷたのもうひとつの楽しみがコレsita
自衛隊の皆さんによる演舞です紊?
きれいにそろった演舞はなんとも勇ましい。
画像 231

この日は”度転太鼓(どってんたいこ)”を見ることができました。
この太鼓は直径3メートルをこえていて、津軽の四季をイメージした絵が描かれています。
画像 236

ねぷたまつりも本日最終日(今日は午前中運行の為、事実上は昨日が最終日)となりました。
短い間ですが、とても熱い一週間でした。
さて、ねぷたまつりが終わるとお盆ですねぇ。
みなさんはどう過ごしますか?
お土産持って帰省する人、お家でのんびり過ごす人…いろいろでしょうね。
素敵な夏の思い出をぜひ作ってくださいね

ねぷた | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の風物 ① ~宵宮~
弘前では氏神様の大祭前夜祭である宵宮を”ヨミヤ”といいます。
6~7月に集中していて、夏の風物詩となっています。
いろいろな露店が並び子供だけでなく大人も楽しみなイベントのひとつです。

宵宮の日は、合図の花火が打ち上げられます。
その音を聞くと「今日は○○様の宵宮だ」と家族総出で出かけます。

お祭り大好きなのでもちろん行きましたヨkao02

ここは”神明様”の宵宮です。
画像 121
さて、お参りしたのでおみくじを引こうかな
どれどれ…腟 す、す、末吉…腟
画像 120

気を取り直して、この日は射的(一つも当たらず…末吉ですから)と
からあげくんを購入して帰宅しました。
画像 122

続いてやってきたのは ”八幡宮”の宵宮です。
途中で雨が降ってきましたが楽しかったですよ。
画像 230

画像 233

午後6時を過ぎていましたが、まだ明るかったぁ。
画像 225

露店はというと…
【射的】
前回のリベンジと思いましたが、あまりの人気で諦めました。
画像 227
【くじ引き】
紐を引っ張って景品をゲットだぜ!!みんな欲しいものは当たったかな?
画像 229
【お面屋さん】
だだこねてかってもらったなぁ。…もちろん小さい頃ですよ
画像 231
【らくがきせんべい】
えびせんべいにシロップで絵を描き、色のついたざらめをまぶします。
画像 232
あぁ、ちょっとそこのおねえちゃん!!
もしよかったらそのおせんべいの写真撮らせてくれない?
画像0721_1
ポケモンだねかわいいね。ありがとう腟

子供の頃は浴衣を着て、金魚すくいして、花火を買って、お面をかぶって…懐かしいなぁ。

津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
革秀寺
弘前近郊の蓮 三大名所のひとつ”猿賀公園”は見ごろでとても感動しました。
もうひとつの名所”革秀寺”は我が家の近所にあるので、
カメラを片手に行ってきましたス

残念ながら夕方に行ったので既に花が閉じていました
画像 218

画像 217


でも、見てください。ピンク色ばかりでなく白い蓮もあってきれいでした。
画像 215

画像 224


さて、ここ革秀寺は
津軽藩二代目藩主 津軽信枚が、藩祖 津軽為信の位牌所として創建したといわれているお寺です。
内部の扉や欄干などの彫刻、天井の手法などは桃山風の手法が残っていて、
津軽地方における曹洞宗寺院の古い典型的な建物です。
本堂および霊屋は国の重要文化財に指定されています。
画像 221


この日は”ざりがに”を採りに来た親子もいました。
ざりがにを手づかみしている子供にちょっとびびった。
び、び、びっくしたぁ

最後の名所も行けるといいなぁ
場所は… …ふふふ
桜の名所 ”弘前公園内”です!!

津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
弘前ねぷたまつり
やってきました!!弘前の夏のビックイベント
”弘前ねぷたまつり”
8月2日(土) 審査会 二日目に行ってきました。

【津軽剛情張太鼓】
ねぷたまつりで大型ねぷたの先陣をきって出発します。
名前の剛情張(ごうじょっぱり)とは津軽人の意固地さを表す津軽弁”じょっぱり”に
それ以上という意味で”剛”をつけています。これが一番という気概が見えますでしょ?
画像 221

初日からあいにく雨が降り続いていて
せっかくのねぷたもビニールに覆われてちょっぴり残念腟
それでも迫力は十分あります!!
画像 228

画像 229

画像 219

かわいい人形ねぷたも出陣!!
画像 222
ぜんまいざむらいですね。必笑だんごけん!!筝
画像 226

画像 215
こっちは青森県産のイメージキャラクター”決め手くん”ですね。
青森自慢の農産物に囲まれていざ出陣!!

ちょっと傘が邪魔かな…腟
でも仕方ないね…、大雨だもん腟

昨日も大雨で行けなかった。
今日は晴れているからベストショットをとるぞーっ!!

ねぷた | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
『わび』 『さび』
最近、年をとったせいか否か日本庭園に興味があります。
心静かにゆっくり時間が過ぎるのを楽しむことができるので、
目まぐるしい日々を送る自分にとっては一番リラックスできるひと時です。
6月訪れた”藤田記念庭園”もその一つでした。

今回は猿賀公園を訪れました。
ここ、猿賀公園は心のやすらぎを求めて整備された、和洋折衷の公園です。
蓮も見どころのひとつですが、日本庭園も自慢です。

ポストではありません。投句箱です。趣がありますね。
画像 215

日本庭園の見本がいくつか展示されています。
画像 206

画像 207

画像 208

画像 212

旧尾上町(現平川市尾上)は”庭師の町”としても有名です。
個人のお家でも立派な庭園がいくつもあり、庭園見物ツアーがあるほどです。
機会があれば行きたいなとつねづね思っています。

【枯山水】
水のない庭のことで、池や遣水などの水を用いずに石や砂などにより
山水の風景を表現する庭園様式のひとつです。
石の表面の紋様で水の流れを表現します。
画像 172

ただ、堅苦しい庭園ばかりではありませんヨ。
【生垣迷路】
生垣を使った迷路です。遠目から撮影
画像 177

【噴水広場】
午前11時から午後1時まで噴水を楽しむことも出来ます。
夜はライトアップされるようです。
この日はとても暑かったので、噴水で涼をとることができました。
画像 173

画像 174

画像 176
さぁ、みなさんも自然と戯れてみてはいかがでしょうか?
心が洗われますよ。

津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(1)
猿賀公園
ひ~らいた ひ~らいた な~んのは~なが ひ~らいた
…とち狂ったのではありませんのでご心配なく
さて、みなさんはこの歌 ご存知ですか?何の花が開いたんでしたっけ?

答えは…そう!! ”れんげ(蓮)”です。夏を代表する花のひとつですね。
今ちょうど見ごろを迎えている”蓮”を見ようと猿賀公園へやってきました。

【見晴池】
中央に見えるのが”恵比寿神社”です。
どうやって神社まで行くかって?
近くにボート乗り場があるので、そこからボートで行くそうですヨ。
画像 154
【鯉のえさやり場】
ボート乗り場付近で見つけました。とても大きな鯉がたくさんいましたヨ。
画像 155 画像 156
密度が高い自然の厳しさを見たような気がしました。

猿賀公園には大きな池がふたつあります。
ひとつがさっき鯉がたくさんいた ”見晴池”、
もう一つは一面に蓮の花が広がる”鏡ケ池”です。
画像 164
一面”蓮”で覆われているでしょ?
画像 157

画像 161

画像 158
”蓮”はインド原産の花です。朝に開花して午後には閉じてしまいます。
花が開く時『ポーン!!』と音がするんだよと聞いたことがありますが、ホントかな…

仏教では西方浄土の極楽は神聖な蓮の池、と信じられているため、
寺の境内にハス池を つくって植えるようになったそうです。
…そう言われると、近所のお寺も蓮池があったな…と今思い出してみました。
多くの仏典に「蓮華(れんげ)」の名で登場し、仏像の台座にもその形がよく使われます。
だから、蓮を見ていてお釈迦様のイメージが浮かんだのね。なるほど。

泥の中にある根の部分はお馴染みの蓮根(レンコン)ですね。
はさみ揚げ、酢の物、炒め物に煮物… お腹空いてきた

話を戻して、間近で見ると一層きれいに見えました。
画像 162

画像 159

画像 165

せっかくなのでお参りもしていきましょう。
【猿賀神社】
蝦夷征伐のため北上した坂上田村麿が「神蛇宮」として建立したと伝えられています。
農漁業、交通守護神として尊信され、また、眼の守護神として信仰を集めています。
画像 166

欄間…???
違うか…。何て言うんだろ神社とかお寺の建物って興味深いですよね。
個人的に大好きだ。この部分sita
画像 167

ここは水の神様を祀っているのかな?
画像 168
へ、蛇?! ビックリした心臓が止まるかと思った
画像 169

お天気もよく、鮮やかな蓮が見れて大満足です!!
たくさんの自然に囲まれているので、木影で一休みしながらお散歩すると
とても清々しいですよ
蓮はまだまだ見ごろですので機会があればぜひ足を運んでいただきたい場所のひとつです。

津軽の歴史・文化・風土 | 08:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。